どのような検査項目を依頼すればよいか、相談に乗ってもらえますか?

 

食品を製造・販売するには、食品衛生法などの法令やJIS規格などの制約を受けています。これらの制約に合っているかを確認する場合や納品先から分析値の提出を求められた場合などは、必要とする具体的な成分項目を確認しておかなくてはなりません。また、製品が一定の品質を確保しているかを調べる時も、何を分析すればよいか明らかにしておく必要があります。この他、ビタミンなどの不安定な成分や微生物の数を調べる場合は、分析材料を集めてから分析するまでの時間や集める方法によって変わってしまうこともあります。食品の分析をしたい時は、分析項目や分析材料の種類、量などを、依頼先と十分話し合っておきましょう。

このページの先頭へ戻る