食品の一般細菌数(生菌数)を測定するのはなぜですか。何が測れるのですか。

 

一般生菌数とは,標準寒天培地を用いて,好気的な条件下で35±1℃,48±3時間の培養で発育した中温性好気性菌数のことで、食品の微生物汚染の程度を示す代表的な指標です。食品の菌数(生菌数)というと,一般生菌数のことを言います。

このページの先頭へ戻る