トータルアフラトキシン検査の検出下限はどのくらい

 

アフラトキシンは、カビの一種であるアスペルギルス属が産生する毒素です。本試験ではトータルアフラトキシン(B1、B2、G1、G2の総和)を高感度に測定可能。トータルアフラトキシン検査の検出下限は、1.25ppbです。ppb(part per billion)は濃度を表す単位。billionは10億を意味し、ppbは10億分の1を示す単位になります。

アフラトキシン

このFAQを見た人はほかにこんなFAQも見ています。

このページの先頭へ戻る