浮遊菌検査と落下菌検査の違いは何ですか?

 

浮遊菌検査法は、エアサンプラー等を使用して一定量の空気を吸引し、空気中に存在する微生物を捕集します。空気中に浮遊する細菌の定量的なデータを得ることができます。落下菌検査法は、寒天平板培地を測定場所に設置し、一定の時間開放することで自然に落下した微生物を捕集します。簡便で、特別な装置を必要としないことがメリットです。

このページの先頭へ戻る